避妊リング(ミレーナ)

045-786-0915

MENU

避妊リング(ミレーナ)

避妊リングとは

避妊方法として、低用量ピル、子宮内避妊リングがあります。
避妊リングとは子宮内に小さな避妊具を挿入することで子宮内への受精卵の着床を防ぐことができ、ピルと同じくらい高い避妊効果が得られます。
ピルと違って毎日内服する必要性がないので、ピルの飲み忘れが多い方、ピルの副作用が出やすい方にお勧めです。
また、ピルで危惧されている血栓症のリスクもなく、高血圧や喫煙されている方にも安全にお使いいただけます。
当クリニックでは、子宮内避妊システム(IUS)、避妊リング(IUD)の取り扱いをしております。

ミレーナ:子宮内避妊システム(IUS)とは

ミレーナ

持続的に黄体ホルモン(レボノルゲストレル)が子宮内で放出され、低用量ピルの様な高い避妊効果と避妊リング(IUD)の様な長期間にわたる避妊効果の両方を持っています。
ピルと違って黄体ホルモン単剤での作用なので、ピルで危惧される血栓症のリスクもなく、高血圧をお持ちの方、喫煙されている方にも安全にお使いいただけます。
一度挿入することで避妊効果が最長5年間続きます。
また、ピルの様に毎日服用する必要性もなく、ピルと比較すると非常に経済的です。
ただし、5年後には入れ替えが必ず必要となります。

黄体ホルモンが持続的に子宮内で放出されることにより、子宮内膜が厚くならないので生理の量が減り、生理痛も改善するという効果も期待できます。
避妊目的以外にも過多月経や月経困難症と診断された場合は保険適応でミレーナ挿入することが可能です。
子宮筋腫や子宮内膜症などのご病気がある方も挿入可能ですが、病状によってはリングが脱出してしまうリスクが高くなるので、一度医師にご相談ください。

ミレーナの副作用

ミレーナは子宮内のみ局所的に作用するため、全身的な副作用は少ないです。
装着直後は、下腹部の痛みや違和感、不正出血などの症状があります。
痛みや違和感に関しては1か月ほどで無くなり、不正出血に関しては挿入後1~3か月ほどで徐々に減少していきます。
人によっては無月経になる方もいますが、子宮にのみ作用するので、卵巣は機能しているため更年期障害の様な症状が出ることはありません。

挿入時期

ミレーナは生理開始後7日以内に挿入します。可能であれば、生理の終わりかけでの挿入がベストです。出血があっても挿入は可能です。ミレーナ装着後はそのままお帰り頂けます。

挿入後の注意点

ミレーナの装着後は定期的な診察が必要となります。
装着後1か月後、3か月後、6か月後、1年後、それ以降は1年に1回の診察をお勧めしています。

料金

項目 検査/医薬品名 初診 再診
子宮内避妊システム ミレーナ
(挿入)
40,000円 -
ミレーナ
(抜去)
8,000円 -

病状によってはミレーナ(挿入)は保険適応になります。医師にご相談ください

金沢さくら医院 婦人科のご紹介

診療時間のご案内

健康診断・人間ドック

健康診断・ドック日・祝
8:30~12:00-
13:00~17:00--

完全
予約制

月曜~金曜 / 8:30~17:00
土曜 / 8:30~12:00*休診日/日曜・祝日

婦人科検診は月~木と土曜日の午前に実施しております

電話対応は17:00が最終受付です

婦人科外来

日・祝
9:00~10:00--××
9:00~11:00---××
14:00~16:30×××

完全
予約制

月~金曜 / 9:00~10:00
火・水曜 / 9:00~11:00
月・水・木・金曜 / 14:00~16:30
最終受付16:00

【★重要★受診される方は必ずお読みください】
午前中の時間帯は検診の方が多く男性患者様もいらっしゃいます。気になる方は午後の診療時間帯をおすすめします。

ご予約はこちらから

予約のみ診療受付 24時間いつでもWEB予約!

今すぐ空き状況をチェック!

WEB予約 電話をかける

※婦人科外来の電話予約は月~土(8:30 - 12:00 / 13:00 - 17:00)にて終日受付しております

婦人科のお悩み